Vol.1 新連載「Cadillac PLACE」スタート Vol.1 新連載「Cadillac PLACE」スタート

February 16, 2018

北海道の美味を直球で北の美味を、かくも豊穣なるイタリアンに。

Vol.1 北海道の美味を直球で|Ristorante e Caffe Nao

Text by

Taki Masashi

空港から15分、奇跡のロケーション

新千歳空港から支笏湖に向かって10km足らず、クルマで15分の距離とは思えないほどに、そこは自然が豊かで緑に奥行きがある。看板にしたがい支笏湖道とも呼ばれる道道16号線を左折するとすぐ、小径は千歳川を渡る。護岸工事のコンクリートが一切無い、美しい川だ。その清流をまたいだ先、木立ちの中にリストランテ・エ・カフェ・ナオ(以下、カフェ ナオ)は、ひっそりとある。

カフェ ナオ オーナーシェフの松岡直樹さん(43歳)が、イタリア、東京での修業を終え、生まれ育った千歳に店を構えたのは18年前のこと。料理は明快で、とてもわかりやすい。素材に恵まれた北海道ならではだ。松岡シェフは日々、地元の美味探究に熱心で、夏が過ぎればキノコ探しに野山に分け入り、時に断崖の上から沿岸を回遊するマグロを釣り上げたりもする。

それぞれの皿のストレートな直球勝負がなんとも心地良い。秋口のその日、ランチコースは、前菜がサンマと牡蠣、ホタテのルッコラ添え、次が朝獲りのキノコとカラスミのパスタ(写真上左)、そしてカラリと揚がった江別黒豚のコトレッタ(写真右)と、どれもが豊穣。前菜はどれもが生で、甘みのアンサンブルの感があり、パスタは思わずくらくらするほどの香り。コトレッタは上に載った香草の風味が、肉の官能を引き出していた逸品で、気がつけば赤い果肉の夕張メロンの載ったプリンを頬張っており、「あれ、もうドルチェだ……」と驚いた。

新千歳空港から15分足らずという好ロケーションで、北海道の美味ど真ん中を直球でいただけるのは、カフェ ナオならではの贅沢だろう。札幌からはもちろん、東京、名古屋、大阪からも足繁く通うお客さんが多いというのも頷ける。キャデラックXT5 Crossoverのステアリングを握ったなら、真っ先に訪ねてみたい名店だ。午前中に支笏湖や洞爺湖、羊蹄山を巡って、ドライブのフィナーレにカフェ ナオのランチを堪能。……そんな理想的〝朝ドラ〟は、ちょっと人に言えないくらいの贅沢ではなかろうか?

  • CADILLAC XT5 CROSSOVER

    3.6ℓV6 DOHCエンジンを搭載。全長×全幅×全高:
    4,825×1,915×1,700㎜。
    CADILLAC XT5 CROSSOVER Luxury ¥6,685,200(税込み)
    CADILLAC XT5 CROSSOVER Platinum ¥7,549,200(税込み)
    CADILLAC XT5 CROSSOVER
  • istorante e Caffe Nao
    (リストランテ・エ・カフェ・ナオ)

    北海道千歳市蘭越4-4 tel.0123-27-2668
    http://www.r-nao.com/
    11:00~14:30、17:00~20:30 月曜定休
    ランチのコースは1700円~3500円
    リストランテ・エ・カフェ・ナオ
今回ご紹介したリストランテ・エ・カフェ・ナオ、最寄りのキャデラック正規ディーラーは
『キャデラック札幌』。
カフェナオまでは、道央自動車道経由で約37km。所要時間は約45分です。

キャデラック札幌(ショールーム)

北海道札幌市豊平区月寒東1条18丁目5番100号
tel.011-858-1211
9:30~18:00 月曜定休