Vol.22 Cadillac PLACE 朝ドラのススメ Vol.22 Cadillac PLACE 朝ドラのススメ

February 20, 2019

ひと皿のため 銀世界、秋田へドライブ。

Vol.22 朝ドラのススメ|Restaurant Gorinzaka

Text by

Taki Masashi

本質としてタフで優しいCadillac XT5

羽後牛という秋田県産の黒毛和牛が、すこぶる評判が良い。18人の生産者により地元の米稲わらで育てられ、年間出荷数はわずか120頭。秋田県内市場で即完売となり、なかなか出回らない。その羽後町内で唯一軒、ステーキを出す店があると聞きつけ、Cadillac XT5で秋田を目指した。真冬の東北道をひたすら北へ。北上ジャンクション(岩手県)から秋田自動車道へ入れば、たちまち白一色の雪原に。AWDシステムに守られ、冬ドライブの醍醐味を堪能しつつ横手ICで秋田道を降り、羽後町へと向かった。

その店の名は『レストラン五輪坂』。入浴施設『五輪坂温泉 としとらんど』内のレストランであり、メニューを見ればラーメン 550円、秋田牛カレーライス 700円、天ぷらそば 800円、などのトップに「羽後牛サーロインステーキ定食(200g)4,500円」(冒頭写真のステーキに、ライス、汁椀、漬物がつきます)が君臨している。温泉の入浴料は400円だから、4500円の値付けは堂々たるもの。それでも羽後牛をいただけるなら、とステーキ目当ての肉好きを集めているという。

そのステーキをひと口頬張り驚いた。見た目からしてサーロイン風ではなく、ヒレ肉のセンター、つまりシャトーブリアン的だったが、その印象は頬張ってからも変わらない。変わらないどころか黒毛和牛としても間違いなく最上級のそれで、噛むたび赤身の優しさと脂の豊潤に満たされる。4500円は間違いなく破格、バーゲンプライスだ。このためだけに秋田までクルマを走らせる価値アリである。施設は奥羽の山並み一望の丘の上にあり、ダイニングはその斜面を利用したスキー練習場(全長130mのロープトウ完備)のゲレンデトップにあるので眺めもいい。

ステーキのほか、フカヒレラーメン(1200円:写真 右上)も人気で、麺は冷麺風の弾力のある白麺、スープは醤油が香る和風なスペシャリテ。そのデザートの甘酒寒天(写真 左下)も雪景色にいかにもふさわしい美味だった。さて、食後の楽しみとして特筆すべきは家族風呂付き(写真 右下)12畳の特別温泉ルームの存在だ。利用料は2時間3000円で、入浴後に昼寝も可能。ただし二部屋しかないので事前に予約してからがベターだろう。ちなみにこの部屋、別料金で宿泊も可能である。

それにしても五輪坂とは、2020 東京五輪開催を前にキャッチーなネーミングである。以前は雑木林の丘で、その坂道の始まりに五輪の石塔があったことが地名の由来で、残念ながらオリンピックとは無関係。だがしかし温泉施設の愛称が『としとらんど』だったり、近くの菓子店の名物が「若返り饅頭」だったり、町内で造られていた清酒「若返り」(写真 左下)が最近復活したりと、スポーツの祭典とまではいかないが健康志向。アンチエージング方面への強いこだわりがうかがえた。

スノードライブのひと言で片付けるには、雪路走行はあまりに複雑だと実感した。凍結した氷片がそこかしこに載った圧雪路は砂利道並みに凸凹だし、日差しで溶けだした凍結路はスケートリンクのように滑る。融雪剤が撒かれた高速道路では、剥き出しになった路面のうねりに思いのほかハンドルを取られ、雪路では片時も気が抜けない。しかしスタッドレスタイヤを履いたXT5なら、駆動モードをAWDをセレクト、それだけで済んでしまう。

プラチナムに装備されるリアルタイム ダンピング サスペンションは路面のあらゆる凹凸を限りなくフラットに感じさせてくれるし、Boseアクティブノイズキャンセレーションの静謐は長旅の快適を支え続ける。雪中をしずしず、快適に走り続ける歓びというものが存在することを、Cadillac XT5に教えられた。南極なみの寒波に襲われてもクルマで移動せざるを得ない国土に鍛え上げられたラグジュアリー クロスオーバーだけのことはある。スタイリッシュな見かけに目を奪われがちだが、本質的にタフで優しいクルマだと、刻々状況が変わる雪路で改めて思い知らされた次第だ。

  • Restaurant Gorinzaka レストラン 五輪坂

    tel.0183-62-4126
    秋田県雄勝郡羽後町
    足田字五輪坂下43-4
    11:30~14:00(L.O.13:30)
    16:00~20:00(L.O.19:30)
    無休

  • CADILLAC XT5 CROSSOVER

    クラフトマンシップあふれるモダンデザインのインテリア。
    その質感と上質な快適性は、キャデラックならではのもの。
    プラチナムに標準装備される路面状況に応じて減衰力を調整するリアルタイムダンピングサスペンションは、凍結路の凸凹にも、見事に対応してくれる。
    ¥7,668,000(税込)

※「Cadillac PLACE」に掲載されている記事は、取材当時の内容です。お客様がご覧いただいた時点と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 
BACK NUMBER
  • Vol.25 沖縄県那覇市
    美(ちゅ)ら島(しま)オキナワが誇る伝説のステーキハウスへ|Jack's Steak House

    初夏でも沖縄に降り注ぐ日差しは強い。ハワイやフロリダとも共通する、亜熱帯海洋性気候ならではの強さだ。陽の眩しさ、海の青さに目を細めつつ、素晴らしい空調に包まれ粛々ゆくのは、沖縄ドライブならではだ。 
    続きを読む