Vol.3 Cadillac PLACE 富士の麓で衝撃の美味に Vol.3 Cadillac PLACE 富士の麓で衝撃の美味に

February 16, 2018

天高き霊峰のぞむテーブルで ビオスにしかない非日常を堪能。

Vol.3 富士の麓で衝撃の美味に|RESTAURANT Bio-s

Text by

Taki Masashi

クルマで行ける、美味と洗練の理想郷

富士山麓は訪日トラベラーにも高い人気を誇るエリア。東京都心からクルマで1時間ほどだが、空気ははっきりと変わり秋、冬の到来も早い。そんな富士山麓の一角に、里山ガストロノミーをうたう『RESTAURANT Bio-s』(以下、ビオス)はある。東京・恵比寿の『タイユヴァン・ロブション』で給仕長をしていた松木一浩さんが9年前に建てたレストランだ。ここの料理は凄い、と以来評判がすこぶる良い。

松木さんは17年前、給仕長を辞し、この地に移った。理由は「畑をやりたくなったから」。以来、生産農家『ビオファームまつき』を運営。今も日々、畑に出ているそうだ。この『ビオス』、新東名開通で、都心からも中京圏からも、そして伊豆半島からもアクセスが良好に。東名・富士川SAスマートICからも、新東名・新富士ICからも8km、25分ほど。新東名に併せて延伸した伊豆縦貫道のおかげで平日ならば、伊豆修善寺からも1時間ほど。それゆえ東京都心のみならず、中京圏からや伊豆、箱根帰りの予約客も多いという。

その日はふたつある季節のティスティングコースのうち、よりエクスペンシブな〝12皿~〟をオーダー。これが、もうなんというか、意識がやや遠のきボーッとしてしまうような、ハードパンチの連続だった。刺激的なのかと言えば、むしろその逆。一品一品は京都でいただく懐石料理のような風情で、決してインパクト勝負ではないことは目で理解できていても、激しく打ちのめされた。三皿目の「オクラボート」(写真 上左)、そして四皿目の「自家製リコッタ」(写真 上右)は可憐ながら、どちらも季節を口中で炸裂させるハードパンチャー。ゲストがテーブルについてからから火を入れるフォカッチャ(写真 下左)もまた素晴らしい。このフォカッチャのためだけに来てもいいな、と思えたほどに。

運命の12ラウンドはさらに続く。五皿目の「秋のスープ」(写真 上右)は鶏ベースの仕立てで、イチジク、ムカゴ、マッシュルームの饗宴。七皿目の「駿河牛」(写真 下左)は腿の〝しんたま〟という稀少部位だそうで、その絶妙な火の入れ方は衝撃的。『ビオス』が野菜だけではないことを思い知らされた。さらに、松木さんは予約客の大多数がクルマで訪れるゆえ、ノンアルコールのペアリング(料理に合わせた飲料の提案:写真 下右)に真摯で、これがまた素晴らしい。二杯目にいただいたイエロートマトのジュースや、三杯目のアルコールを抜いたシャルドネなど、決して酔いはしないが、十分に料理に酔えてしまう。

窓の外は畑で、ヤギが群れる舞台のようなデッキがあり、その向こうに富士山がある。あまりの美味にボーッとなり視線を宙に置かざるを得なくなっても、ヤギが行ったり来たり、富士山が見えたり雲に隠れたりと、刻々変化があって丁度良い。時折、まだ20代前半だという若き本岡将シェフがサンダル履きで厨房を飛び出し、畑のハーブを摘んでは戻っていく。ああ、摘み草料理なのだなあ、と納得。12皿を終える頃、もうこれ以上は絶対に無理なほど満腹なのに、それでも淋しくなった。『ビオス』はクルマで行ける理想郷、なのだ。

そして松木さんのサービスで、コースが味わえる。三つ星レストラン給仕長の洗練を、ずいぶん近い距離でごく親しく享受できることも『ビオス』の大きな魅力だ。そのパーキングスペースにキャデラックXT5 CROSSOVERをとめ、最愛の人をエスコートしたなら、あなたの愛情株価はたちまち跳ね上がることだろう。素晴らしい味に加え、とても貴重な暖かみと洗練を両立させたサービス(そのあたり、キャデラックXT5 CROSSOVERに通じるものがある)をふたりで受けたなら、あなたの株価はストップ高になるだろうから、そのおつもりで。

  • RESTAURANT Bio-s(レストラン ビオス)

    静岡県富士宮市大鹿窪939-1 tel. 0544-67-0095
    11:30~14:00(L.O.) 17:30~20:00(L.O.) 火・水曜定休
    ランチ、ディナーともに下記2コースの設定。要予約
    季節のティスティングコース 12皿~ ¥9,500
    季節のティスティングコース 6皿~ ¥4,800

  • CADILLAC XT5 CROSSOVER

    3.6ℓV6 DOHCエンジンを搭載。
    全長×全幅×全高:4,825×1,915×1,700㎜。
    CADILLAC XT5 CROSSOVER Luxury ¥6,685,200(税込み)
    CADILLAC XT5 CROSSOVER Platinum ¥7,549,200(税込み)

今回ご紹介した『Bio-s』、最寄りのキャデラック正規ディーラーは『キャデラック静岡』。
『Bio-s』までは、新東名高速道路経由で約41km。所要時間は約50分です。

キャデラック静岡(ショールーム)

静岡県静岡市葵区長沼878-1
tel.054-264-3001
9:30~18:30 月曜定休

※「Cadillac PLACE」に掲載されている記事は、取材当時の内容です。お客様がご覧いただいた時点と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 
BACK NUMBER
  • Vol.19
    ひと皿入魂で54年、8席のみの竜宮城|HIYOKO

    2015年3月に東京と北陸新幹線が行き来するようになって以来、金沢は〝かがやきバブル〟に湧いており(かがやきは北陸新幹線最速列車名)、市内名所はどこも常に賑わっている。 続きを読む